クロアナゴ属(レプトケファルス)

昨年のこの時期、いろいろと珍しい魚や初めて見る生き物などをアミですくって持ち帰ってはみんなを楽しませてくれたおとーさんですが、今年は留守がちでなかなか夜の海で採集する時間がありません。




2月5日(月)、久々に夜の海に出掛けたおとーさんのお土産は『のれそれ』。


オールのれそれ

実はEくんが大好き。(^^)v




今年はシラスウナギが全くと言っていいほど採れないそうです。

1匹採ったら500円!?

同乗させてもらった船主のHさんはひと晩で6匹の成果。

なかなか厳しいようですね。




シラスウナギはいなくて代わりにたくさんいるのが『のれそれ』。アナゴの幼生です。

「今年はのれそれが湧いちゅう」とおとーさん。

で、

たくさん採ってきてくれました。(^^)v


およそ350g






レプトケファルスと言われる幼生期のアナゴ。

アナゴ以外にもやウナギやハモ、ウツボなどの幼生時代はレプトケファルス(葉形幼生)と呼ばれます。

高知産『のれそれ』はマアナゴということですが、時にはクロアナゴなどが混じることもあるそうです。

クロアナゴかマアナゴかの区別は到底無理と諦めて、クロアナゴ属(レプトケファルス)としておきます。





ウナギ目アナゴ科クロアナゴ属(全長:12cm)



人気ブログランキング
サビキのカネマン

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

カネマン製品取扱店様へ

selected entries

categories

archives

links

        

高知

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM